意外と知らない細かなEDの原因についてちゃんとした知識を!

EDの原因

なぜEDになるのか?そのEDの原因にもさまざまあり、いろんな理由があります。
まず、ペニスが勃起する流れを説明します。
性的な興奮を感じるとその興奮は神経を介してペニスへと伝わります。
そしてペニスにある陰茎海綿体という動脈が大きくひろがります。
大きくひろがったことで陰茎海綿体にたくさんの血液を送ることができます。
その充分に血液が流れ込んだ時に「勃起」の状態になります。

では「勃起しない」とはどういうことなのでしょうか。
それは、勃起する状態の逆です。
陰茎海綿体に充分な血液が流れ込んでいなく、そしてそれだけではありません。
まずは興奮を感じるとその興奮を神経を介してペニスに伝達をしなくてはいけません。
したがってその神経も正常に機能していないと勃起はおこりません。
この神経と血液が正常に働かないと、結果としては十分な満足できる勃起にはなりません。

ではなぜ正常に働かないのでしょうか。
そのEDの原因としてまず考えらるのは、動脈硬化の進行であったり、脳神経などになにかしらの障害がある可能性があります。
これを器質性EDと言い、とくに50~60歳の方に多くみられます。
動脈硬化になるとペニスの血管が充分にひろがらないばかりか、カラダ全体の血液も循環が悪くなってきます。
そのことにより陰茎海綿体にも充分な血液が流れ込みません。
また、ほかに考えられるEDの原因としては、糖尿病や高血圧など、生活習慣病の方は血管に大きな負担がかかっているため、しばしば動脈の硬化が進行している可能性があるため、結果として勃起不全になりやすいと考えられます。

ほか、ヘビースモーカーの方やお酒をよく飲まれる方も勃起付箋を引き起こしやすいと考えられています。
ほか神経が傷害される病気を患わっていたり、神経を損傷するような手術や外傷がある方も、勃起不全になりやすいです。
また精神的にストレスを抱えていたり、過去のトラウマなども原因の一つです。